著作

日本を変える。
分離の科学技術から非分離の科学技術へ

原発事故、津波被災復興の科学的な規準指針が明示される

この本を読まずして、これからの日本はない。産業社会日本を牽引してきた「分離の科学」に対して、新たな日本をつくっていく「非分離の科学」を明示する、3.11 被災後の日本を設計する指針の基軸が、ここにある。自他非分離の新しい科学技術「ビジョン・ゼロ」を提唱する筆者による、これからの日本。グローバル化による弊害を乗り越えて、新しい調和に向かうパラダイムシフトとは。
物質世界の科学技術から、生命世界の科学技術へ。エネルギー・電力システムを、変える。自他分離のサービスから自他非分離のホスピタリティへ、変える。日本を、変える----

      2012年3月31日発売 
            160頁 
定価:1,900円 +税(2,052円)

第 I 部 日本の閉塞状況はどこから来たか主客分離の科学技術の限界
1 便利さと豊かさと
2 グローバルな制約
3 グローバル化と食糧・人口問題
4 グローバル化とエネルギー・環境・資源
5 科学技術と経済至上主義(確率の罠)
6 近代文明におけるコンピュータの役割
7 高度情報社会とストレス
8 科学技術の危機は没価値性にある

 

第 II 部 非分離の科学----技術と人間の諸活動
9 適応:予測限界、観測限界を超えて
10 脳科学も適応の科学へ
11 適応する機能:自律性
12 生きることの論理構造
13 みなしとアブダクション、演繹、帰納の関係
14 「一次の見なし」による適応機能
15 「二次の見なし情報」による適応機能
16 サイバネティックスを超えて:自律分散システム
17 ロボットは生まれ変わる
18 エネルギーシステムは生まれ変わる
19 サービスからホスピタリティへ
20 日本的世界性:ビジョン・ゼロ

02矢野.jpg

2021年2月

192ページ

​ISBN 978-4-910131-06-1

 Ⅰ  生命科学 ―自律性―

 II    述語性の科学―情報生成の論理―

 III   系統発生的に見た生物の適応戦略

 IV   述語性の科学 ―適応の脳科学―

 V    産業革命と科学革命

 VI   無限成長の翳り

 VII  実証主義と功利主義

 VIII  情報革命

 IX   人工知能

 X    物質科学から生命科学

 XI   述語性の科学技術