わが家にきたばかりのルビナとシャナリーです。

ルビナはいたずらっ子、シャナリーはぼんやりの甘えん坊です。

とてもなかよしです。

親ばかぶりの、記録です、ご容赦のほど・・・・。

​ピレネー山脈のピレネー犬の実態を、写真家東海林美紀氏が、山奥まで入って記録した写真集です。世界で初めての実録です。

季刊誌137/カバー市販版mono.jpg
138.jpg

ネアンデルタール人が滅びながら、ホモ・サピエンスが生き延びえたのは、犬と共存しえたからです。

​わたしも、いまやピレネー犬なしに生きていられない状態になっています。

​わたしなりの動物文化学を論じています。